☆最新記事

2004年10月31日

デッサンに迷って骨格を描いてみた

 HOME【絵】お絵かきについて色々 ⇒ この記事

絵を描いていて腕がどうやって付いてるのか、
どんな方向を向かせればいいのか、長さはどれくらいか、
かなり迷います。
hone
いつもは描かずに済ませちゃったりしてるのですが、
今回は骨を描いて目安をつけて、それから描いて見ることにしました。



ブログだと重いので続きは別ページ作りました。
別画面開きます。





完成(11/2)
posted by アウラ at 21:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 【絵】お絵かきについて色々
この記事へのコメント
拝啓 時下ますますご清栄のことと存じます。突然の書き込みで失礼いたします。
はじめまして、私は盗難アジアという劇団で広報を担当している大嶺成人と申します。
これは11月に行われる我々の公演へのご招待です。
よりたくさんの方々に観に来て頂きたく、先着10組20名様をご招待することにいたしました。
観劇ご希望の方はお手数ですが下記の手順によりご予約ください。

敬具
今回のストーリー・・・今回はヒーローものと戦隊ものがミックスされたバカナンセンスコメディ。主な舞台は2004年と20年前の1984年。場所は限りなく日本。

1984年では「ヒーロー」という存在普通に「仕事」として成立している。そしてヒーローと敵対する「怪人」も一般に認知されているという世界。

ただ少しちがうのはヒーローが助けた相手からギャラをもらうという点。完全歩合制。貧乏人を助けてしまうと赤字になってしまう。ヒーローになるにも自己申告制でだれもがヒーローになることができ、就職がきまらない大学生が興味半分でヒーローになったりする。

しかし、命がけの仕事なので当然長続きがするわけない。本物の正義感がなければやってられないという中で、突然現れる本物のヒーロー。それを取り巻く2004年と1984年が交錯する物語・・・。

盗難アジア制作部
広報担当 大嶺成人
TEL 090-6138-9088
E-mail asiainvitation@hotmail.com
HP http://www.to-nan-asia.jp

<ご予約方法>

1 asiainvitation@hotmail.comにお名前、観劇希望日、人数、このメールを見たということを記入して送信してください。
2 こちらの確認メールの返信をもって、ご予約完了とさせていただきます。
※ なお、こちらのメールによるご招待はチケットの管理上、11月11日までとさせて頂きます。
Posted by 盗難アジア at 2004年11月01日 11:21
( ゚o゚)ハッ 私も骨格描きますよー♪
というか、私の場合は骨格のみで完成品とか(単なる骨格標本?

看護学生時代の「カラー図解骨格・内臓図鑑」は愛読書です。
っていうか、看護学生時代一番の幸せは骨格・筋肉の講義だったかも。
この書籍もよさそうですねぇ(よだれ
Posted by 梨音 at 2004年11月02日 09:11
描かれますか〜〜♪骨格のみもいいですねぇ。
今回の絵も実は腕だけ骨のみにしちゃおうかなと思ってたんです。やってみようかな〜

「カラー図解骨格・内臓図鑑」・・私、内臓の方は(汗)汗。さすが梨音さん。しかもカラーじゃないですかっ。おそろしぃ。ちなみに私推奨の本はモノクロです。
Posted by アウラ at 2004年11月02日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/930695
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。