☆最新記事

2004年03月01日

DVD鑑賞:パトリオットゲーム(偏見多め)

 HOME●DVD鑑賞記 ⇒ この記事

内容:★★☆☆☆
映像:★★☆☆☆

パトリオットゲーム ハリソンフォード主演。
これを見た動機:ショーンビーンが出ているから(笑)
(ショーンビーンは、ロードオブザリング旅の仲間のボロミア役ではじめて知りました。)

ショーンビーンの役名、そういえば、同じショーンでした。

概要としては・・

「テロとしてのお仕事中、弟を通りがかりの元CIA捜査官に殺され、
 大義名分さえも差し置いて復讐に燃える話。」

ショーンを中心に見ているとこんな概要だけど(ホントか)、
ハリソン側だとこんな感じ。

「正当防衛ではあるがテロリストの弟を殺害してしまい、その兄に家族が狙われてしまう。
 事態を解決する為に、そして家族を守るために奮闘する話。」

純粋な気持ちで見てなかったからか、どうにも入り込めず。
(概要も怪しいところだ)
というか主人公(ハリソン)を応援してないので、うまく事が運びすぎて、
ちょっと不満だったり。
そんなにうまく逃げられるかーーー!!なんて。

前半の脱走するまでのショーンは良かった。
弟を殺された悲しみと憎しみが混ぜ合わさった目とか。
主人公に対しての憎悪が増していく目とか。
後半はなんだかちょっと復讐にまっすぐすぎて、複雑さが感じられず、
表情に面白未がなかった。
髪型変わってしまって気にいらなかったってのもあるか。

そしてハリソンフォードがやられるわけないと、思い込んじゃってるので、
話としても緊張感がなかった。

でも若い頃のショーンが見れてよかった。
posted by アウラ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●DVD鑑賞記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのTrackBack URL