☆最新記事

2005年06月13日

想像力使用の怠慢(物を立体的にとらえる)

 HOME【絵】お絵かきについて色々 ⇒ この記事

光と影を書き込んで立体的に表現するには・・

・立体的に物をとらえる
・光源を定める(頭の中で固定する)
・対象物を頭の中でグリグリと回転させる

この本でS師匠の説明の通りなのですが、頭の中で理解して、
実際に描いて実感するとこの説明の理解しやすさがが実感できる。
(わけわからん日本語になってしまった)

影をどこに置いたらいいかわからない。
ある場所を示してここに何があるかわからない。
この形はどうなっているかわからない。
コレらは全て想像力使用の怠慢であったと。

頭の中に立体物を置いて回転させる。
まずは描き途中のこの絵から訓練を開始。
りったいにグリグリ

今回初めて使ったブラシ。
Painterで鉛筆の「グリス鉛筆5」ってのが面白い線が描けていいかんじ。
グリス鉛筆5

具体的に描いている方法としては・・
・グリス鉛筆5で線を描いて、
・水筆でのばして、
・オイルパステルで光の束を落として、
・水筆や水滴でのばす。
・また影の部分をグリス鉛筆5やチョークで書く。

これを繰り返してる状態です。
線や、光の束を置く目安は、前述したとおり、
光源を決めて頭の中で対象物を回転させます。

ムズカシー(汗汗)

posted by アウラ at 01:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【絵】お絵かきについて色々
この記事へのコメント
・・・とムズカシーと・・言いながら・・。
この前もコメントしましたが、アウラさん凄いですよ。ホントに初めてアウラさんの絵を観た時も感動しましたが・・。
ホントに最近描かれる作品は、凄いですよ!生きてる感じがしますよ・・。
素晴らしい!とか言う言葉とかは、どうしても陳腐に聞えますが・・ホントなんですもの・・。私もしゅ〜〜〜るなイヌを披露します・・笑!普通の水彩画とかの風景とかが得意だったのですが、タブレットとなると全然違います。まったくかけませんね。息子と同じレベルになってしまいます・・笑
Posted by nicoco at 2005年06月13日 02:18
nicocoさん>
生きてる感じがします?嬉しいですねぇ。。絵を書いている最中は夢中で描いているからいいんですが、仕上がったあとにやっぱりダメだーと思ったりすることが多いので、そういっていただけると本当に嬉しいです(涙)。
いやーでも、想像力で回転させるのが難しいです(笑)慣れれば出来るようになるのかなあ・・
しゅーーーーるな犬って!見たいです〜水彩とか風景画とかやられてたんですね〜私はアナログ絵は鉛筆以外はほとんど経験なしです。大きな絵を描く時はアナログがよさそうですよね。やっぱり。。。一歩下がれば全体を原寸大で確認できますし。息子さんもシュール絵描かれるんですね!(ちびっこの絵はシュールなものが多いかも・・)
Posted by アウラ at 2005年06月14日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。