☆最新記事

2005年04月10日

バッド・エデュケーション 男じらしで★5つ

 HOME●映画鑑賞記 ⇒ この記事

bad3.jpgバッド・エデュケーション
★★★★★

赤いチラシに男二人に女一人。
・・・と思っていたら、男二人でした!

美なガエル・ガルシア・ベルナルが3役こなしてました。
内容はアルモドバル監督の半自叙伝だとか。

だいぶ肌に合いまして、集中しまくりの★5つ。
公式サイトのトレーラー観て鑑賞を決めたのでした。

●こんな作品

1980年、マドリード。若くして成功を収めた映画監督エンリケ・ゴデのもとに、自作の脚本を携えた美青年アンヘルが訪れる。彼の本名はイグナシオ少年時代のエンリケの初恋の相手だった。
かつての面影の薄れたアンヘルに密かな失望を抱きながらも、彼の脚本に引きつけられていくエンリケ。そこに描かれていたのは、イグナシオとエンリケ自身が16年前、厳格な寄宿学校で経験した悲劇に他ならなかった。アンヘルの主演で映画化を決断したエンリケは、やがてアンヘルの持つある秘密を知ることに……。

バッド・エデュケーション ヴィレッジブックス
ペドロ・アルモドバル (著), 佐野 晶
の説明から引用


作品は、実際の現実の物語と、イグナシオの書いた「訪れ」の脚本のストーリー、
実際に起きた衝撃の事実といくつかのストーリーが交差しながら進んでいきました。

集中していないとダレがダレだかわからなくなるので要注意。

いろんな恋愛の形がありました。
なんとなく、愛というよりは、恋って言いたい感じ。

・二人の美青年の恋!(だましアリ)
・純粋な二人の少年の恋。(映画館に衝撃)
・神父のあるまじき恋。性的虐待。(神父の表情が最高)
・引き裂かれてしまった悲しい恋。(あーあ)
・利用する恋、される恋。(美しくない)

注意!全て男同士です。

全部ガエルガルシアが中心なわけですが、女バージョンの姿もあるわけです。
これまたグロテスクではなく、本当に美しい。



●最高に笑えて、しかも納得の言葉

「男じらしめ!」(エンリケ)

男じらしなんて言葉初めて聞いた!
確かに白いパンツおろしかけてエンリケが物欲しそうに見てるのに
気付いて止めたりとか、中途半パなハミ毛をさせるし、
誘うだけ誘って、やる気ナシだし。
この言葉にこう返すヤツもまた笑える。

「ホモヤロウ!」(アンヘル)


●脚本内のマノロ神父の表情が非常に興味深いです。

・神父のギターで歌うイグナシオを見つめる表情
・神父の誕生日にイグナシオが歌っているのを見つめる表情。
・夜、ベッドに居ないイグナシオを探す時の表情
・トイレのドア越しの顔!!!


●初日の初回に行きました。

上映の40分前に映画館に到着。
整理番号が発行されていたんですが、なんと早くも120番。
定員150名の映画館だからすぐにいっぱいになりました。
人気あるなあ。。
そいうえばテレビCMも多いし、駅にはポスターもたくさん
貼ってあるから宣伝活動の勝利でしょうねぇ。

実は先着100名にプレゼントがあったのですが、
120番なので残念ながらもらえませんでした。


★<少しネタバレアリ>イグナシオが書いた脚本「償い」はハッピーエンドでしたが、
エンリケによってラストは悲劇的に書き換えられました。
それではハッピーエンドはどんなだったんだろう。
映画では語られなかったのですが、小説では書いてありました。

ベッドサイドに残されたサハラの脚本を読んだエンリケは
校長室にサハラを救いにくる。キスしてバイクで走り去り、
二人で幸せに暮らしました。

さ、サムい。見たかった気もするけど。

●関連もの

「バッド・エデュケーション」オリジナル・サウンドトラック

結構音楽良かったですよ〜即注文しました。

・ノベライズ

バッド・エデュケーション ヴィレッジブックス
ペドロ・アルモドバル (著), 佐野 晶


映像では明確にわからなかった描写も
文字で読むとまたリアルです。

●これから観たい作品

アマロ神父の罪
こっちには在庫あるけど・・

あとはブエノスアイレスの夜とか。


同じ監督の「トーク・トゥ・ハー」観ました。
面白かったです。やはり倒錯してたけど(5/8)

バッド・エデュケーション@映画生活

これこそたくさんの方の感想が読みたい作品ですわ〜
CINEMA e MUSICA di FLUFFY
気ままに書いていこう♪
ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
Internet Zone::Movable TypeでBlog生活
こまったちゃんのきまぐれ感想記
It's a Wonderful Life
Bardus Scriptor
もっきぃの映画館でみよう
ジグザグ人生、なめんなボ
ココアのお部屋
nancix diary
I N T R O+blog
逃源郷
kaoritalyたる所以
こぶたのベイブウ映画日記
ぺぺのつぶやき→腐向けMovieピックアップですよ!
新×3 もろもろ日記
soramove
Hush!!1回目/2回目(私も二回観にいけばよかったなあ)
RummyChocolat
Cat Tail cinema
まきまきにっき
CinemaCoconut
ネタバレ映画館
posted by アウラ at 01:33 | Comment(32) | TrackBack(33) | ●映画鑑賞記
この記事へのコメント
新装開店ですね!(〃∇〃) 爽やかですねえ〜〜!ガエルくんは、最近凄い人気ですね!彼のあの瞳はかなり、素敵ですよね!
アウラさんがハマってくれると楽しいのですわ(〃∇〃) お肌に合っていらしたとか!(笑)他の作品も楽しみですね!!星5つとは!!私も早く観たいです(*^。^*)
Posted by nicoco at 2005年04月10日 06:19
nicocoさん>
新装開店!しかもまだちょっと途中♪
マンネリ気分で新しい記事書く気力がなくなってきたので気分を変えたくて変えました。
ガエルくんの瞳、魅力的ですね〜ジャレッド・レトにも通じる感じで。
お肌に、、合いました♪色彩とか、雰囲気とか、イケメンとか(笑)最高です。
nicocoさんの感想も読みたいです〜
Posted by アウラ at 2005年04月10日 13:00
こんばんはー。
初日の初回で120番目ですか!凄い人気なんですねえ。アウラさん的にはぴったり好みがあったようで、なによりです。
しかし・・・
「男じらしめ!」
あったあった!(爆)
考えようによっちゃ、スゴイセリフですね。
ガエルもフェレも美しくて、映像もどぎつさが
またよくって、好み別れるだろうけど
私は楽しめました。
サントラ気になるので、近いうちに手に入れます。
劇中劇の中のエンリケの眉がつながってるのが
密かに笑えました。
Posted by FLUFFY at 2005年04月10日 21:29
FLUFFYさん>
こんばんは〜
ええ、初日の初回、そんなに混んでないだろうと思ったら、
係りのおねえさんが大声で指示出してて驚きました。
ちょっと前に行った清風名月とやらは2番目だったのに!

>「男じらしめ!」
凄いせりふですよね!わたしったら
ベタに身を乗り出してワラってしまいましたよ。
(周りも静かだったから声は出さなかったけど)
映像のどぎつさよかったですね〜。
確かに好みが分かれそうです。まずホモ、いやゲイがダメなら
だいぶダメでしょう・・・というより観にいかないですね。
サントラ良さそうですよね。もうすぐ届くはずです。

>劇中劇の中のエンリケの眉がつながってる
繋がってました!?というよりフェレ・マルチネスってことに
気付くの遅かったですよ・・サハラが身分証明見つけたときに
私もエンリケって知りましたもの(笑)
Posted by アウラ at 2005年04月11日 00:03
>アウラさん
我家へコメントありがとうございました!しかし、ルナくん記事が複製されていてすみませんでした・・。同じ事繰り返してましたね。修正しました(;^_^A
そうなのですよ!
この色彩に最初ふらふら〜〜と・・。
すごく好きな雰囲気で・・最初ポスターから惹かれだのです。近所で上映していないので、チョット足のばして是非見てみます!!ガエルくんの瞳は、深いです。ジャレットと似てる深さがありますね・・。
Posted by nicoco at 2005年04月11日 06:17
アウラさん、こんにちは。
劇中劇のエンリケは、たぶんフェレじゃないです。
別の役者さんがやってると思います。
その人の画像探したけど、見つからなかったんで
自分とこのキャスト紹介にも入れてないんですよ(^^ゞ
Posted by FLUFFY at 2005年04月12日 10:37
nicocoさん>
色彩いいですよねぇ〜ふらふら〜と行けたら行ってみてください〜
私も普段はすごい近所の映画館なのに今回ばかりは1時間電車にのって観にいきました!
でも遠出(ってほどじゃない)してよかったと思えます〜ミニシアター系もっと
チェックしてみよう!と思いました。
ジャレッドの方がちょっと動物っぽさが上かな(笑)どちらも素敵です。
Posted by アウラ at 2005年04月12日 12:05
FLUFFYさん>
こんにちは!フェレじゃなかったですか!
顔はあんまり好みじゃなかった気がしたのでフェレだったら凹むなあと
思ってたのでよかったです(笑)
からだのラインはとても素敵でしたね〜劇中劇のエンリケ。
Posted by アウラ at 2005年04月12日 12:09
先日、TBさせていただいて、今度はこちらからもしていただいて、ありがとうございます!

よかったですよね〜!私もノベライズを買ってまで観るという気合の入れ具合で♪でも、ホモだとかゲイだとかそんなの超えちゃってるっていうか、ぜ〜んぜんOKですけど!!って思えましたよ!まぁ、2人がイケメンってとこがとっても重要なのかもしれないけれど(笑)
アルモドバル監督、ナイスキャスティング☆

ガエルの目はホントなんか力ありますよね!ちょっと眉間にしわ寄せてるのとかも好きです☆

みなさんのコメント見てると、ジャレッドにも話が続いてますね〜♪ヘファイスティオンですかね♪あのジャレッドもかなり最高でしたものね☆

どっちのお話も、DVDになったら買おうって思っちゃってます♪メイキングとかなんか映像特典付いたらうれしいな☆
Posted by usamoko at 2005年04月18日 09:38
usamokoさん>
こちらこそTBとコメントどうもありがとうございました〜
本当に、超えちゃってますよね〜もう、イケメンってことが重要ですよ(笑)絶対に。二人の雰囲気に酔うのが楽しいですよね・・もう一度みたい・・・

眉間に皺を寄せているガエル、わかりますわかります。だいぶ素敵です♪ガエルの瞳を観た時、ジャレッドを思い出すなあと思ってたんです。色気とかもありますしね・・お二人とも。ヘファイスティオン最高でしたよね〜

私もどちらもDVD購入してしまいます。映像特典かなり期待しています。笑顔のジャレッド、ガエル・・楽しみすぎです♪
Posted by アウラ at 2005年04月19日 03:06
バッド・エデュケーションの記事なのにここに書いてもいいか迷ったのですが、ヘファイスティオン出てるしって思って♪

アレキサンダーのDVDが7/29発売予定ってことで、さっきアマゾンからメールが来てました!
すごいはまってる方は何回も見に行かれたみたいですが、私は1回しか見ていないので、DVDが出たらまたゆっくりとコリンは置いておいて、ジャレッド探しでもしようかと♪
DVD化されるのは、半年くらい後なんでしょうかね。バッド・エデュケーションは初冬くらいでしょうかねぇ。
Posted by usamoko at 2005年04月21日 16:18
usamoko さん>
よいですよ〜アレキサンダー話題どこでも歓迎(笑)

アレキサンダーのDVD発売、遠い〜!早く観たいです。
そうですね、何回も観られた方いらっしゃって羨ましかったです。
私は映画館では2回でした。もっと観たかったです〜
DVD出たら私もストーリー追うのとは別にジャレッド鑑賞にひたると思います。
バッドエデュケーションも忘れた頃に発売されますよね=
おそらくおっしゃるとおり半年後くらいじゃないかと思います。
非常に楽しみ♪
Posted by アウラ at 2005年04月22日 03:06
どうも,こんばんは.
監督の半叙事的と聞いていて,かなり不安もありましたけど,
直接的なホモとかゲイの描写は少なかったので,なんとか観れました.

テーマも監督も苦手だな,とおもってましたけど,それよりも現実と脚本の世界がうまくリンクしあってるのがすごくうまいなぁ,って思えましたね.
結構面白かったですけど,もう一回とかはきつそうですね・・・
Posted by onox at 2005年05月08日 00:00
onoxさん>
こんばんは!onoxさんの最新記事がこの作品だったときはびっくりしちゃいました〜
(会社から見てたので即コメントできなかったのが惜しい)

テーマも監督も苦手なんですね(笑)
現実と脚本の世界のリンク、本当にうまく絡み合ってましたね〜
ちょっとすると分かりづらくなりそうなのにすんなりまとまっていたし。
もう一回はきつそうですか。私はおそらくDVD購入してしまうかもしれません・・
そして私はこの監督気に入ったかもしれません。
トークトゥハーも見終わって他のも観たくなりました〜。
Posted by アウラ at 2005年05月08日 04:27
こんんちは♪
アウラさんの感想、最高!
笑っちゃいましたー。
ほんと、その通りで(笑)

小説にはハッピーエンドが載ってたんですねー。
本屋で立ち読みをして、冒頭部分で「あらら・・・」と
買うのをためらったまま、買ってないんです(^-^;
Posted by cocoa at 2005年05月09日 13:16
cocoaさん>
なんだか最高にツボにはまった作品でしたわ〜
変な(笑)感想もスルスルと出てきちゃいましたよ。

ハッピーエンド書いてありました〜さらっとですけど。
あ、ためらっちゃいました?(笑)
あの映像たちの心理描写が文字で表現されている
というだけで面白くて一気に読めちゃいました。
Posted by アウラ at 2005年05月09日 20:17
アウラさん、はじめまして。
勝手にTBはってしまったのに、
TBしてくださってありがとうございます!

アウラさんの書かれていた「男じらしめ!」と「ホモヤロウ!」の台詞が
私的にもかなりツボだったんですよ。
思い出しても面白い(笑)
最後にもっと何かあるかぁと思ったけど、
やはり日本やハリウッド映画と違って
ハッピーエンドで終るなんてことはなかったですね。
最初の頃ちょと登場人物ごちゃになってたので、
もう一度DVDでじっくり観たい映画です!
Posted by 天然いわし at 2005年05月10日 19:24
天然いわしさん>
いえいえ、バッドエデュケーションの記事を見ると心躍るんですよ〜

「男じらしめ!」と「ホモヤロウ!」最高に面白いですよね。
絶妙な訳ですよね。充分伝わるし(笑)
>ハッピーエンドで終るなんてことはなかったですね。
そうですね!かなり気に入った終わり方でした。
登場人物、私は小さいころのイグナシオとエンリケが最初区別付かなかったので
早くDVDで改めて観たいです。楽しみ〜♪
Posted by アウラ at 2005年05月11日 12:06
アウラさん、コメントどうもでした。

変更したラスト・・でよかった感じですが本当にイグナシオがそんなしょぼいラストにしていたのでしょうか・・?!

まま、本は読んでないので解りませんが・・映画が気に入ると深く入り込みたくなって時間がいくらあっても足りませんね〜^^;

私は「トーク・トゥー・ハー」の方が切なくって好きです。フェレが気に入ればこの映画ももっと好きになったかもしれません。。。
Posted by kaoritaly at 2005年05月14日 15:04
kaoritaly さん>
イグナシオはロマンチストだったから・・なんて・・どうなんでしょう(笑)

そうなんです、一つの映画に惚れこむと、結構時間と、
お金など色々費やすことになります。
その分楽しいのですけどね〜。

トーク・トゥー・ハーの方がお好きですか。
私はバッド〜の方が好きかもです。
やはりフェレ気に入ったからでしょうか♪
Posted by アウラ at 2005年05月15日 04:06
はじめまして。小説のほうでは
ハッピーエンドについても書いてあったんですね。確かに・・さぶい!
男じらし・ホモ野郎など 名言!?の数々
思い出してしまいました。
松浦美奈さんが字幕でしたっけね?
トラバさせていただきました。
Posted by のら(bunchou2) at 2005年06月02日 15:22
のら(bunchou2) さん>
はじめまして!
ハッピーエンドはベタである意味面白そうですよね〜
ほんと、この作品の日本語訳は名訳が多いです。
しっかり作品観て気に入って訳してる感じでしょうか。
男じらしなんてなかなか出てきませんよぉ
はい、松浦美奈さんでした、翻訳者。
一目置かせていただきます(笑)
Posted by アウラ at 2005年06月03日 01:48
はじめまして
 NIMAといいます。「懲邪同盟」の名簿からこちらのサイトにきたのですが、バッドエデュケーションの感想もすごく印象的だったのでコメントを書かせていただきます。
 この映画、私はもう人生観が変わるぐらいすごく感動し、衝撃を受けたのですが、まわりで
見た人が少ないのでさびしい思いをしていました。「おとこじらし」という言葉本当に名訳ですよね。思わず笑ってしまいました。プログをいろいろ見てもなかなかこれはと思うような感想はなかったので、こちらの感想を読んでとても感動しました。
 あと、ここで書くことではないのですが、「大王」映画もプログの感想とか批判が多かったので、まさかあのような同盟ができたとはちっとも知りませんでした。一人で熱くなっていると思ったらこんなに同志の方がいたなんて!
すごく感激です。
 初めてなのにいろいろ書いてしまってすみません。これからもよろしくお願いします。
Posted by NIMA at 2005年06月03日 12:02
NIMAさん>
はじめまして!同盟の名簿からだなんてとっても嬉しいです〜。
私もこの作品観た時かなりキターーという衝撃と共に感動しまくりました。
「おとこじらし」の名訳っぷりはすごいですよね。初めて聞いた(みた)時の衝撃はまだ覚えてます。ある意味現実に戻されて周りのお客さんの反応うかがっちゃいましたもの。私の感想に目が留まられたのは、深く響いたところが似てたんでしょうね。しかも深く響いたところが(うまく表現できませんが・・笑)

大王映画では私も結構驚きました。あれ?評判悪い(笑)って感じで。でもあの作品、一旦面白いと感じられた方は妙に深くハマってしまったようですね(私も含め・・)。同盟があるのを知ってすごい嬉しかったですもの〜。これからDVD発売でまた同志が増えるかもしれません。かなり楽しみです。

いろいろ書いてください(笑)コメントすごいすごい嬉しかったです!!(いただいたコメント最初に読ませていただいたのが会社だったのですが、思わず仕事そっちのけで同盟から来られた方だわ〜と感動してました)
Posted by アウラ at 2005年06月04日 03:33
あちらこちらに適当にコメントかいてすみません。ここの感想で、イグナシオが脚本に書いたハッピーエンドの結末が心にひっかかりました。映画の脚本としては悲劇の方が心に残るけど、きっとイグナシオはエンリケとのハッピーエンドの物語を夢見て一生懸命脚本を書いていたのですよね。まさか自分が殺されるとは夢にも思わなくて・・・しかもそのイグナシオの未来を奪ったアンヘルが、一時的とはいえエンリケと結ばれてしまうのだから、ものすごく皮肉な話しです。しかも自分で名づけたアンヘルという名前、エンジェル(天使)という意味があるそうなのでますます???です。この映画は本当に考えれば考えるほど複雑です。

掲示板やWEB拍手への書き込みありがとうございます。こうした書き込みは本当にうれしいです。

こちらのサイトにリンクをはらせていただきました。これからもよろしくお願いします。
Posted by NIMA at 2005年06月16日 13:36
NIMAさん>
こんにちは〜。いえいえ、色々なところにコメントかいてくださって結構ですよぉ。
そうですね、イグナシオ、行動は奇抜だったけど凡庸な幸せを望んでいたと思いますし、けなげに色々夢見ていたのでしょうね。おっしゃるとおり、自分が殺されることになるとは露ほどにも思わず・・。せ、切ない・・・あ、アンヘル=エンジェルを知った時私も何だかやられたなーと思いました。シニカルですよね・・・倒錯してるけど純粋で、複雑な思いが渦巻いてて、、ああ、うまく言い表せない(笑)こんなにもむき出しの感情が渦巻いていてあれだけ美しい仕上がりなのも凄かったなあ、と改めて思いました。

リンクどうもありがとうございます!とても嬉しいです。また書き込みしに行きますのでどうぞよろしくお願いします♪
Posted by アウラ at 2005年06月17日 01:39
ホームページへの書き込みとコメントへの返事ありがとうございます。アウラさんの書いた言葉を見ていると、映画で見たその時のシーンや感情までが思い出されます。

リンクの件、相互につけていただければ、とてもうれしいです。これからもよろしくお願いします。
Posted by NIMA at 2005年06月17日 09:32
NIMAさん>
NIMAさんの作品を読むと私もそのシーンや感情が浮かびます。
やはり好きなもの、心の底から楽しめた作品に対しては色々書きたくなりますよね!!思い入れが違うというか(笑)

リンク早速させていただきました。どうもありがとうございます。こちらこそどうぞよろしくお願いします♪
Posted by アウラ at 2005年06月18日 19:36
やっとこちらで上映されたので、見てきました。男じらしめ!いいです・・笑!
あまりのガエルの美しさにびっくりしました。お色気むんむんしてました・・笑
Posted by nicoco at 2005年06月29日 09:53
nococoさん>
ああ、観られましたかぁ〜名言(訳?)聞かれた様で♪
ガエル美しいですよねぇ・・パンツ一枚の時が一番やらしかったなあ。。
エンリケのもの欲しそうな顔が未だに明確に浮かんできます(笑)
Posted by アウラ at 2005年06月30日 01:36
>中途半パなハミ毛
うわーん、なんてダイレクトな表現なんでしょ(笑)
でもあれって男じらしであると同時に女じらし?でしたな、まぁとにかくみんな脱ぎまくってましたもの。
Posted by るるる@fab at 2005年11月27日 16:26
るるる@fabさん>
あはは〜ダイレクトに感想書きたい衝動にかられる作品でした〜
DVD届いたので再び堪能しようと思います・・男じらし♪そして女じらし♪
そういえばガエル氏の作品いくつか観たのですがこの作品が今のところ一番・・
Posted by アウラ at 2005年11月30日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2874449

バッド・エデュケーション
Excerpt: アルモドバル流、究極の愛 La Mala Educación
Weblog: CINEMA e MUSICA di FLUFFY
Tracked: 2005-04-10 21:22

バッド・エデュケーション
Excerpt: 本日上映だったのでさっそく行ってきました!! 前からすごい気になっていた映画だったので、上映館が遠かったのですが思い切って行ってきました。 上映の1時間前くらいに映画館に到着したのですが、絶え間なくチ..
Weblog: 気ままに書いていこう♪
Tracked: 2005-04-13 17:06

■バッド・エデュケーション BAD EDUCATION 主演ガエル・ガルシア・ベルナル
Excerpt: ■バッド・エデュケーション英題:BAD EDUCATION(原題:La Mauvaise education)●まもなく日本で公開されるペドロ・アルモドヴァル監督作「バッド・エディケーション」。今回の..
Weblog: ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
Tracked: 2005-04-14 20:52

[IZ]:「バッド・エデュケーション」 う??む、やっぱり…
Excerpt: 「オール・アバウト・マイ・マザー」、「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督の最新作、「バッド・エデュケーション」を見てきました。今年10本目の映画で...
Weblog: Internet Zone::Movable TypeでBlog生活
Tracked: 2005-04-21 23:07

試写会「バッド・エデュケーション」
Excerpt: 試写会「バッド・エデュケーション」開映19:00@GAGA試写室 「バッド・エデュケーション」(LA MALA EDUCATION)2004年 スペイン  配給:ギャガGシネマグループ 監督・脚本・..
Weblog: こまったちゃんのきまぐれ感想記
Tracked: 2005-04-23 12:48

バッド・エデュケーション
Excerpt: 「海を飛ぶ夢」に続きスペイン映画。ペドロ・アドモバル監督の最新作。 観終わった直後、正直言って「うわあ!コレはちょっとキツかったかも!」 と思ったんです。、 でも後になってじわじわ映画の..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2005-04-27 20:19

バッド・エデュケーション
Excerpt: 「海を飛ぶ夢」に続きスペイン映画。ペドロ・アドモバル監督の最新作。 観終わった直後、正直言って「うわあ!コレはちょっとキツかったかも!」 と思ったんです。、 でも後になってじわじわ映画の..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2005-05-02 06:07

バッド・エデュケーション
Excerpt: この作品は、昨年の「モーターサイクル・ダイヤリーズ」が予想以上の出来で、且つ、主演のガエル・ガルシア・ベルナルが大変好演をしたので、この筆者の「春夏シネマランキング」では、期待度第1位であった。筆..
Weblog: 利用価値のない日々の雑学
Tracked: 2005-05-02 20:01

綺麗なおニイさんは好きですか?
Excerpt: 『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が..
Weblog: I N T R O+blog
Tracked: 2005-05-07 12:27

『バッド・エデュケーション』(2005年・44本目)
Excerpt:  今から2年とちょっと前,僕に「観てあれほど後悔させられた映画はない! ただのストーカーまがいが,植物状態になった彼女を(自主規制)した映画じゃねぇかよ! どこが愛じゃー」と思わせた(けど,周囲では傑..
Weblog: Bardus Scriptor
Tracked: 2005-05-08 00:01

バッド・エデュケーション 3階層の念密なミステリーにのめり込む
Excerpt: タイトル:バッド・エデュケーション/スペイン ※ノベライズ本:ソニー・マガジンズ ヴィレッジブックス819円 ジャンル:禁断のミステリー R15/2004年/105分 映画館:テアトル梅田2(60席)..
Weblog: もっきぃの映画館でみよう
Tracked: 2005-05-08 13:58

「バッド・エデュケーション」観て来ました!
Excerpt: 「バッド・エデュケーション」公式HP ペドロ・アルモドバル監督の半自伝的作品です。 ストーリーは・・・説明が面倒なので映画サイトから拝借。 1980年、スペインのマドリード。新進映画監督のエンリケ..
Weblog: ジグザグ人生、なめんなボ
Tracked: 2005-05-08 16:21

【バッド・エデュケーション】
Excerpt: ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルチネス ハピエル・カマラ、レオノール・ロトリング 出演のヒューマン、サスペンス。 公開日:4月9日 ☆ストーリー☆ 1980年、マドリード。..
Weblog: ココアのお部屋
Tracked: 2005-05-09 13:11

王家衛耽溺者が見た「バッド・エデュケーション」
Excerpt: /だか映画づいてるヒマな今週。レディース・デーに「バッド・エディケーション」を見てきました。  折しも今年も始まったカンヌ映画祭の2004年度のオープニングフィルムに選ばれ、遅刻未完成「2046」と共..
Weblog: nancix diary
Tracked: 2005-05-12 17:20

綺麗なおニイさんは好きですか?/「バッド・エデュケーション」「阿修羅城の瞳」評
Excerpt: 『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が..
Weblog: I N T R O+blog
Tracked: 2005-05-12 23:24

バッドエデュケーション
Excerpt:  「アールアバウトマイマザー」、「トークトゥハー」のスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル最新作。 ペドロならではの登場人物の錯綜する感情と欲望が入り乱れた濃厚な人間ドラマ。相変わらず脚本が良くできていて..
Weblog: 逃源郷
Tracked: 2005-05-12 23:50

バッド・エデュケーション★★★☆Quizas,Quizas,Quizasをもう一...
Excerpt: 私のお気に入りラテン俳優、ガエル・ガルシア・ベルナル(通称:ガルガル>私が勝手にそう呼んでます^^;)の主演作、 ≪バッド・エデュケーション≫  観てきました。 タイトルにつけた歌は劇中、ガルガルくん..
Weblog: kaoritalyたる所以
Tracked: 2005-05-14 13:54

★★★★「バッド・エデュケーション」ガエル・ガルシア・ベルナ...
Excerpt: 監督が、ガエル君に恋をしているのでは・・と思わされるような、濃い映像だった。魅惑的なガエル君から目が離せない!毒のある美が、この映画の象徴のようでした。でも奥深さは感じられず、人間の描き方が物足りない..
Weblog: こぶたのベイブウ映画日記
Tracked: 2005-05-14 15:12

『バッド・エデュケーション』
Excerpt: 2004年 スペイン 105分 監督/脚本 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ガエル・ガルシア・ベルナル 、フェレ・マルティネス 、ハヴィエル・カマラ 、..
Weblog: ぺぺのつぶやき
Tracked: 2005-05-25 11:19

バッド・エデュケーション(新映画日記転用)
Excerpt: この映画面白かったんですよ!だけど私には感想を書くのが難しい部類の作品でして。 悪い頭をなんとか回して書いてみたいと思います。感想にはならないかも。 主役の二人!見たことあるなぁ〜と思ったら ..
Weblog: 新×3 もろもろ日記
Tracked: 2005-06-02 15:14

妖しいのか、安いのかギリギリ
Excerpt: 「バッド・エデュケーション」★★★☆ ガエル・ガルシア・ベルナル主演 主演のガエル・ガルシア・ベルナルは 器用な役者だ。 暴力的な映画から 今回の女装まで、 様々な顔を見せてくれる..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-06-03 07:31

バッド・エデュケーション
Excerpt: 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルティネス、ハビエル・カマラ ダニエル・ヒメレス・カチョ、ルイス・オマール、レオノール・ワトリング 他 公式HP ..
Weblog: Cat Tail * cinema
Tracked: 2005-06-17 10:18

バッド・エデュケーション
Excerpt: 見るか、見るまいか。 かなり迷ったけれど、珍しく午前中に家事を済ませて映画「バッド・エデュケーション」を見に行く。 今年32本目の映画。 1980年、マドリッド。 若くして映画監督として成..
Weblog: まきまきにっき
Tracked: 2005-06-22 15:49

バッド・エデュケーション*BAD EDUCATION
Excerpt: ガエル・ガルシア・ベルナルの美と天真爛漫な笑顔は、罪である・・。
Weblog: CinemaCoconut
Tracked: 2005-06-29 09:50

バッド・エデュケーション
Excerpt:  アルモドバル監督の半自叙伝的映画だなんて、ひょっとして彼はゲ、ゲ、ゲ・・・  全体的には、同監督の『オール・アバウト・マイ・マザー』や『トーク・トゥ・ハー』のような映像によるインパクトは弱かったよ..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-07-29 02:27

「バッド・エデュケーション」
Excerpt: 「バッド・エデュケーション」を観ました。 映画監督であるエンリケの元をかつての同級生が訪ねてくる、それはイグナシオ。彼とは神学校の寄宿舎生活以来ずっと音信不通だった。実は少年時代の恋の相手で..
Weblog: るるる的雑記帳
Tracked: 2005-11-27 16:32

バッド・エデュケーション
Excerpt: ゲイを扱った作品なんですが・・・ 感想は後ほど! まずはこんなストーリーです。 1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケのもとに、エンリケの神学校寄宿舎時代の親友
Weblog: プチおたく日記 vol.2
Tracked: 2005-11-28 22:06

GayJapanNews様が日刊ゲイ新聞にニュース記事提供
Excerpt: GayJapanNews ゲイジャパンニュース様から 世界のゲイ関連ニュース記事を提供していただくことになりました。 「メンバー全員と検討をさせていただき」ご了解をいただきました。 ..
Weblog: 日刊ゲイ新聞編集長のブログ
Tracked: 2005-11-29 03:40

映画「バッド・エデュケーション」
Excerpt: ■感想: DVDで観ました。ペドロ・アルモドバル監督の半自伝的ドラマ。主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナルと「アナとオットー」のフェレ・マルティネス。ペドロ・アルモド..
Weblog: しょうちゃんの映画観賞日記
Tracked: 2005-11-30 12:32

映画「バッド・エデュケーション」と迷信。
Excerpt: バッド・エデュケーション 「バッド・エデュケーション」を観ました。監督はペドロ・アルモドバル監督、主演ガエル・ガルシア・ベルナルです。映画監督の主人公の同性愛を描いて、ペドロ・アルモドバル監..
Weblog: Bodhi Tree Book Club
Tracked: 2006-01-19 19:31

バッド・エデュケーション(DVD)
Excerpt: もうひとつの究極の愛。 CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル/フェレ・マルチネス/ハビエル・カマラ/レオノール・ワトリング 他 ■スペイン産 105分 女装のガエルくんがキレイなのよ。普通に女性に..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-01-26 20:28

『バッド・エデュケーション』’04・スペイン
Excerpt: あらすじ1980年、スペインのマドリード。新進映画監督のエンリケは、若くしてすでに成功を収めていた。そんな彼のもとにある日、少年時代の親友イグナシオが脚本を手に突然訪ねてくる。神学校寄宿舎では強い愛で..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-02-15 00:35

「バッド・エデュケーション」
Excerpt: おっ、どこかで見たと思ったら、 主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル。 ラテン系若手俳優人気ナンバー1ではないでしょうか!!! 2004年・スペイン製作のミステリ..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-02-18 03:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。