☆最新記事

2005年02月12日

パッチギ! 血と汗と涙の★4

 HOME●映画鑑賞記 ⇒ この記事

pa.jpgパッチギ!

パッチギとは=ハングルで「突き破る、乗り越える」の意味
とのこと。意味があったんだ〜。

この映画を観ようと思った動機

井筒監督の「こちトラ自腹じゃ」って番組で、
色々な映画を酷評しまくってるので(いや、おもしろいんだけど)、一体アンタどんな作品作ってんのよ!!
と挑戦的な思いで観てきました。

まあ、映画を評価するのは私には不可能なので、
スキかそうじゃないかっていうと、そうじゃない部類に入るこの作品。
実際観てみたらどうか。
前半、暴力アリ暴言アリ、っていうか、登場人物がみんな、
井筒監督に見えて嫌になってきたんですが!
しゃべってるイントネーションも同じだし。

あ〜私には合わないわ〜。
途中退出するわけにもいかないのでそのままボーっと観続ける。
でもアクビは出ず。

しかし結果として

★★★★☆

言い過ぎかなあ。
いや、笑いアリ涙アリだったんです。

楽器店でオダギリジョーが出たあたりから興味が湧いてきました。

そのオダギリジョーは主人公康介にフォークギターを教えた自由人「坂崎」の役。
なんと、アルフィーの坂崎幸之助氏がモデルなんだそうで!
かなり異国情緒アリで豪快でいい役でした。


泣きのシーン(ネタバレアリ)


「康介のラジオから流れてくる歌をキョンジャがみんなに聴かせるところ。」

泣けたーーーー!!!
(ナミダ流れてはいないけど)

最近よく話題にはなってるけど、実はあまり知らなかったそれぞれの国の事情。
この映画で知ることが出来ました。
”事実は小説よりも奇なり”
なんて感じてしまってりして。

「イムジン河」
エエ曲でした。映画観終わったら歌えちゃうくらいでした。


パッチギ!@映画生活

他の方のパッチギっぷりは?
るるる的雑記帳
京の昼寝〜♪
ももすけの冷静スパゲティ


posted by アウラ at 05:04 | Comment(6) | TrackBack(11) | ●映画鑑賞記
この記事へのコメント
現実はどれだけ陰湿だったのだろうなぁと観ている間中考えていました。
監督なりの双方への愛情が感じられました、殴ってもすぐ治ってたしね。
私はジョーと坂崎の面立ちの違いにむしろ引きました(笑)
Posted by るるる@fab at 2005年02月12日 09:57
るるる@fabさん>
そうですね。現実はもっともっと汚くて陰湿で・・。私はほんと知らないことばかりだなあと思い知らされちゃいました。
双方への愛情、感じました。ヘタするとどちらかに偏ってしまってどちらかの批判受けそうな内容ですがこの作品はそうでもなく。あんなにイタい話題なのに最後は爽やかに終われました。監督好きじゃなかったんですがちょっとだけ普通になったかも(笑) あ、坂崎ひいちゃいましたか(笑)
Posted by アウラ at 2005年02月13日 14:01
こんにちは。映画生活から来ました。
私も暴力シーンにはひいちゃったほうですけど、見終わった後には、さわやかさの残るいい映画でしたね。
よかったらTBさせて下さいね。
Posted by あれこれ。 at 2005年02月13日 18:59
あれこれ。さん>
こんにちは〜TBありがとうございました。確かに観終わった後のさわやかさは見事です。あんなに重たい作品なのに。。。監督のほかの作品も観たくなってきました。
Posted by アウラ at 2005年02月14日 01:24
これかなりおもしろかたです。井筒作品の中でもピカイチじゃないでしょうか。
Posted by Atsushi_009 at 2005年02月17日 02:37
Atsushi_009さん>
おもしろかったですよね。ピカイチですか!監督チカラ入ってただけありますね〜。
Posted by アウラ at 2005年02月18日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのTrackBack URL


「パッチギ!」
Excerpt: 「パッチギ!」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)もちろん私も自腹じゃぁ! 世界を愛だけで変えることなど出来るはずもありません。 ノンポリの主人公..
Weblog: るるる的雑記帳
Tracked: 2005-02-12 09:59

『パッチギ!』
Excerpt: ■監督 井筒和幸 ■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田吟    殴り合ったら、同じ色の血が流れた。  誰かが線を引いたなら、俺が線を消し..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-02-12 10:22

パッチギ(MOVIE)
Excerpt: パッチギ(MOVIE) 世間にはいろいろややこしい問題があるけれど、相手と腹割って話せるか? (殴り合えるか?)で意外と簡単に解決するんじゃないか? みたいな映画でした。 要は本音とたてまえをひっく..
Weblog: ももすけの冷静スパゲティ
Tracked: 2005-02-12 18:12

パッチギ(MOVIE)
Excerpt: パッチギ(MOVIE) 世間にはいろいろややこしい問題があるけれど、相手と腹割って話せるか? (殴り合えるか?)で意外と簡単に解決するんじゃないか? みたいな映画でした。 要は本音とたてまえをひっく..
Weblog: ももすけの冷静スパゲティ
Tracked: 2005-02-12 18:50

「パッチギ!」
Excerpt: TOPページへ        映画の検索へ 2005年 119分 監督:井筒和幸 脚本: 羽原大介 、井筒和幸 音楽: 加藤和彦 出演: 塩谷瞬 、高岡蒼佑 、沢尻エリカ ..
Weblog: 心に映りゆく。
Tracked: 2005-02-13 18:56

熱い時代―でも少し遠く感じる
Excerpt: 「パッチギ!」★★★★ 塩谷瞬、高岡蒼佑主演 1968年世界ではベトナム戦争は続き、 朝鮮半島は南北に分断。 何で人は戦争をするんだろうという 単純な問いかけに答えるように 身近なとこ..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-02-20 20:34

「凄いや!パッチギ!」編を追加
Excerpt: CFディレクターで、映画「MASKDE41」の監督でもある 村本天志の日常を綴った 新"舌先三寸"日記に「凄いや!パッチギ!」編を追加。 井筒監督入魂の「パッチギ」を鑑賞されたようです。 大絶賛ですね..
Weblog: I N T R O + UptoDate
Tracked: 2005-03-19 11:54

パッチギ! 今年の166本目 その2
Excerpt: パッチギ!   年代としては、1968年。 ま、うちとは、ちょっと年代は違うケド、時代考証、完璧ちゃうん?? 最初、「音楽 加藤和彦」て出てきて、???やったんやケド、 すぐにわか..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-08-08 02:50

パッチギ!
Excerpt: フォークに目覚めた康介と,朝鮮学校に通うキョンジャ。 二人の京都青春恋愛物語。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-08-13 17:45

パッチギ!(歌ちゃいけない歌なんて、ないんだ!)
Excerpt: 「ローレライ」狙いで行った近所のビデオ屋で、新作の棚に並んでいたこの作品。井筒和幸監督ってことで、借りることに。 井筒作品、「晴れ、ときどき殺人」、「二代目はクリスチャン」、「のど自慢」・・・結構好き..
Weblog: カオリン&チョチョリンの親育て・子育て
Tracked: 2005-09-03 13:32

パッチギ
Excerpt: パッチギ★★★★喧嘩はこうだよ!
Weblog: 女ざかり映画日記
Tracked: 2006-03-28 11:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。