☆最新記事

2004年04月14日

「金髪の孺子(こぞう)」

 HOMEBook ⇒ この記事

「金髪の孺子」

このタイトルだけで、微笑んでしまう方、是非お友達に(笑

銀河英雄伝説を読み進めております。
本編10巻中、8巻の大事件に動揺しつつとうとう9巻目に突入。

途中まで読んでとっても感慨深かったので書き留めなくてはと箇条書き。
しっかりした感想は全部読みえてからにしよう〜

・金髪の孺子が肩を落としているではないか
・ヴェスターラントの悲劇は消えないのね(涙)
・オーベルシュタインが孺子の前に立って守ったのって初めて!!?
・ああ、大きな花束と上気した頬。

「銀河英雄伝説」とは田中芳樹著のスペースオペラ。
出会えて良かった作品です。
posted by アウラ at 12:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | Book
この記事へのコメント
「金髪の孺子」
キタァァ−−−−−!
あ、顔文字がない。^^;


ワタクシも非常に感銘を受けて尚かつ自己啓発に非常に
影響を受けた作品です。

って、てっきり絵があるのかとドキドキしてましたが、
無かったので、しょぼーん。。。
Posted by きまぐれT at 2004年04月14日 12:33
コメントの中身
あ、友達第一号(笑

あらら〜孺子イラスト期待しちゃいましたか。
・・って必ず描きますですよ〜
Posted by アウラ at 2004年04月15日 00:03
お久しぶりです。
銀英伝…懐かしい。
てか、4巻までで挫折しちゃったんですけどね(-_-;)
この機会に読んでみようかな?
Posted by ShiN at 2004年04月15日 00:59
ShiNさんこんばんは♪
4巻ですか!確かにペース落ちるところではありますね。
これを超えたらあっというまに進みますよ〜。

そういえば知り合いに貸したとき、3巻を読破後、4巻を開かずに挫折してました。
やはりこの辺ですねぇ。
Posted by アウラ at 2004年04月15日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのTrackBack URL